組合員活動紹介

2018年12月17日

迎春商品 学習会&試食会

11月20日 阿倍野地域活動委員会(大阪市)  阿倍野組合員会館 参加22名

 商品を実際に見て確認していただき、商品開発や上手な解凍方法などを学習しようとJA全農ミートフーズ(株)の鷲山(わしやま)さんにお越しいただきました。
 「ローストビーフの原料には、雌のホルスタインと雄の黒毛和牛を掛け合わせた交雑牛を使用しています。サシの旨味と赤身をバランス良く兼ね備えた牛だから、おいしいローストビーフになります」と鷲山さん。スライスの実演では、「半解凍でお肉の表面がやわらかくなった時がスライスの良いタイミング」「網目がついているので同じ厚みにスライスすることができる」「切り初めや、切り終わりの部分はサイコロ状にして食べるのも、お肉の味がよく分かり美味しい」と聞きました。「スライスが上手くできない」との組合員さんの声に応えて、商品にリーフレットが同封されていて、QRコードをスマートフォンなどで読み込むと、動画で解凍方法や切り方のコツが見れるようになっています。
 学習のあとは、迎春商品の試食。ローストビーフは生野菜と一緒に、栗きんとんをクラッカーにのせ、クリームチーズを添えて洋風に。和風イメージのお正月料理も少し洋風に変身。少し肌寒くなってきてお正月のもうすぐという時期に、少し早いお正月を味わえた時間でした。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー