組合員活動紹介

2018年11月19日

ココラボ讃岐うどんのひみつ

9月26日 長宝寺パル委員会(交野市) 交野組合員集会室 参加15名

 冷凍なのにおいしい?冷凍だからおいしい?そんな疑問を解決するために、メーカーのシマダヤさんにお越しいただき学習会を開催しました。
 まず、おいしさの5つの要素から。〈ねばり、かたさ、なめらかさ、しなやかさ、弾力感〉のバランスが決め手だそうです。冷凍麺は"おいしい瞬間に急速冷凍キープするからおいしい"ということや、〈ミニダブル製法〉はシマダヤさんの独自技術による特許製法で、冷凍のまま簡単に半分に割ることができる、お父さんの夜食やお子さんの昼食にちょうどいいサイズということを聞きました。
 内袋のままレンジで簡単に調理ができるのもココラボ冷凍讃岐うどんのいいところ。夏、暑い日に火を使わなくてもいいのは助かるし、高齢の方が一人で火を使うのが心配...。そんな時にもいいですね。
 試食では、ココラボ商品とシマダヤさん製造の冷凍うどんの食べ比べ。参加者から「こだわりを感じました」「少しの太さの違いで歯触りの違いを感じました」など感想が出て和やかな学習会となりました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー