組合員活動紹介

2018年05月28日

一株トマト定植体験

3月12日 生野地域活動委員会(大阪市) 参加17名(うち子ども1名)

 "おいしいトマトがどんな環境で育っていくのか自分達で体験したい!"自分達で体験することで、一株トマトに対する愛情がわき、大切に扱い、しっかり生産者を支え、利用に結びつけたいという思いから和歌山県の紀ノ川農協を訪問しました。
 生産者・星原さんのハウスで定植作業を体験。星原さんは、一株トマトを生産しはじめて7年目の若き生産者の方です。「一株トマトはハウス栽培で、ハウスは安定して収穫できますが、台風など急激な水にあうと割れるなどします」など、苦労話もお聞きしました。
 星原さんから「花を自分の方に向けて植えてください」と言われて、初体験の方からは「どっちが花ですか?」の素朴な質問にも丁寧に答えてもらいながら「大きくなぁれ、おいしくなぁれ」と思いながら植えました。これから水やりなど一株トマトを育てていくのは、高温で大変なことだと思いました。
 「頑張ってね!!お兄ちゃん」と星原さんに声をかけて、一株トマトが届くのを楽しみにハウスを後に。紀ノ川農協の直売所「ふうの丘」にも立ち寄り、野菜や果物を購入して帰路につきました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー