活動紹介

2018年03月26日

内側と外側からキレイになろう

2月5日 中央・成美・池田パル委員会(寝屋川市) 寝屋川組合員会館 参加16名(うち子ども3名)

 寒さが一段と増す時期に、体を内側と外側から温めて元気に過ごそうとの思いで開催されました。
 まずは"あずきカイロづくり"で外側から...。市販の使い捨てカイロに比べ、体の中までじんわり温め血行を良くし、冷えや痛みなどの症状に効果を発揮するそうです。「冷えは、女性の大敵、肌荒れやむくみなど全ての病気の根源と言われているので使い捨てないエコカイロで冷えから体を守りましょう」と講師の山本さん。
 その後、"ベジブロス"を使ってスープで体の内側から温めました。ベジブロスとは、今までは捨てていた野菜の皮や種の部分を煮込むだけの出汁。葉や根をのばしていく先っちょやヘタ、外敵から身を守る皮には、独自の栄養素が含まれているんです。入れる野菜にルールはなく、どのような野菜でもOK。この日はベジブロスの出汁で、お野菜と手羽元が入ったスープになりました。
 体の外側と内側からポッカポカになった参加者からは「普段はあまりしない裁縫ですが、みんなとワイワイすると楽しかった」「野菜くずも使えてエコで、おいしい」と賑やかな声が聞こえるとりくみでした。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー