組合員活動紹介

2017年09月25日

紀ノ川農協とうもろこし農業体験 in 和歌山

榎本パル委員会(大阪市)

4月 8日〈種まき〉参加25名(うち子ども10名)
4月22日〈定 植〉参加39名(うち子ども15名)
7月 1日〈収 穫〉参加42名(うち子ども19名)

 4月からの3回連続企画で、種まき・定植・収穫を生産者様と交流を通じて学びました。
 1回目の種まきでは、種は乾燥して赤色にコーティングされていて皆、驚いていました。手作業でひとつずつ紙ポットに指で穴を作り埋めていく、大変な作業だと思いました。1週間ほどで芽が出ると聞いて、またまた驚きでした。
 2回目の定植は、15センチ以上に成長した苗に、皆が感嘆の声を上げました。苗もまた手作業で畑に移しました。とても腰が痛い作業でした。
 そして待ちに待った3回目の収穫で、2カ月少しで立派に育ったとうもろこしに大歓声でした。テレビで見たことはあるけれど、かくれんぼができるくらいに伸びて、たくさん実をつけた畑に感謝の気持ちでいっぱいになりました。実もぎっしり詰まっていて、初めて生で食べたけれどとてもジューシーでおいしかったです。
 今回の学習は、大人も子どもも植物の育つ過程や育つ力を学び、作り手としての思いやりや、こだわり、苦労を改めて知りました。とても貴重な体験ができました。
(榎本パル委員会)

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー