組合員活動紹介

2017年07月24日

酪農専門農協のこだわりを学びたい!!

5月17日 新森パル委員会(大阪市) 城東組合員会館 参加15名

 「白バラコーヒーっておいしいよね!」という会話から、鳥取県内すべての酪農家が組織した酪農専門農協のこだわりを学びたいと、大山(だいせん)乳業さんより森長さんと市村さんをお招きして学習会を開催しました。
 「農協が鳥取県の中心にあるため、新鮮な生乳を集めることができます。"おいしい生乳にまさる商品はない"をモットーに、①土づくり②草づくり③牛づくりを一貫して行う〝循環型農業〟に力をいれています」と森長さん。中でも組合員さんの興味を引いたのは全国トップクラスの乳質のお話。「牛乳のおいしさを大きく左右するものに、体細胞数(白血球の数)があります。体細胞は苦味の原因となるため、その数が少なければ少ないほど、甘くてうまみのあるおいしい牛乳になります。大山乳業では細菌数はもちろん、体細胞数も全国平均より少ない基準値で管理。牛群検定(牛の健康診断)を受けている牛比率も96.8%で、16年間全国1位!牛の健康管理が行き届いているのも大山乳業の大きな特徴なんです」。大山乳業さんのこだわりを改めて実感できる学習会となりました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー