組合員活動紹介

2017年01月30日

みかん収穫体験 ~有田コープファーム~

11月3日 門真合同地域活動委員会(門真市) 参加42名(うち子ども8名)

秋晴れの中、和歌山県・有田コ―プファ―ムへ。
「参加して良かった。また行きたい」との地域の組合員さんの声に応えて、昨年に続き2回目の企画。昨年を上回る応募がありました。
高速のインターを降りて、有田川町周辺を走行していたら、おいしそうなオレンジ色の実をつけたみかんの木が沿道に並んでいました。みかんの産地に来た事を実感!
公民館では生産者の山下さんによる学習、「温州みかんが現在のように全国的に栽培されるようになったのは、明治25年以降になってから。
みかんの仲間は世界でおよそ900種類なんですよ」とみかんについての話や、"安心・安全〟を届けるための日々の生産者の苦労話など聞きました。
生産者の川口さんの園地で参加者は、みかんをとる際の説明通り「おいしそう」と思った木のみかんをまず1個試食しながら「これは!」と思うみかんの木を探していました。
みかん園の中では、「このみかんおいしいね」と親子で話す声や、「初めてみかんを収穫したわ。楽しかった~」「一人で参加したけど楽しかったわ」と嬉しい声を聞く事ができました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー