活動紹介

2016年10月24日

手づくりこんにゃく教室

8月4日 寝屋川南地域活動委員会(寝屋川市) 寝屋川組合員会館 参加43名(うち子ども23名)

ヘルシー食材こんにゃくについて学ぼうと、若草食品さんの協力を得て、手づくりこんにゃくに挑戦しました。
まず始めに、若草食品の土本さんからこんにゃくの基礎知識を教えていただきました。

  • ▲ 若草食品さんでは、国産の芋だけを100%使用しながら、昔ながらの製法で丁寧に作られています

こんにゃくのことを少し知れたところで早速実演に入ります。

こんにゃくの作り方

①こんにゃく芋を水洗いする。

②こんにゃく芋を約30分煮る

③こんにゃく芋を適当な大きさに切り水を加えてミキサーにかけて糊状にする。

④糊状のこんにゃくをバットにうつし1~2時間放置する。

⑤こんにゃく糊に水酸化カルシウム溶液を加え素早く練る。

⑥適当なおおきさに切り分け沸騰したお湯で約30分煮る。

手づくり体験が終わると、こんにゃく料理で試食タイム。
みそ・生姜しょうゆに付けて食べ比べしたり、委員さん手づくりのこんにゃく料理もとってもおいしくて大好評!
参加した子どもたちからは、「こんにゃくが芋からできるなんて知らなかった」
「おもしろかった。ぐにゅぐにゅしてて丸める時が楽しかった」「夏休みの自由研究にする」といった感想が寄せられました。
低カロリーでも満腹感を味わえ、食物繊維も豊富だから整腸作用も働きダイエットにも効果的♪
「私も家で作ってみよ~」とお母さんたちどうしでもレシピ交流ができました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー