組合員活動紹介

2016年05月23日

枚方物流センター&商品検査室見学

2016年4月11日 都島北地域活動委員会(大阪市) 参加11名

都島北地域活動委員会では、「長年生協を利用してるけど、物流センターは見たことがないね」という声を耳にして、
枚方物流センターと、同じ建物の中にある商品検査室の見学に行きました。参加者の中には、30年以上生協を利用されている方もおられました。
まず始めに、注文書の読み取り作業をしているOCRセンターから見学をスタート。
数字の書き方やボールペンの使用などで、たくさんのエラーが出ていることに驚きました。
続いて、商品の入荷検収の説明を聞きました。
カタログに載っている商品の情報がデータ化されていて、包材の写真や賞味期限などたくさんの情報と照らし合わせて確認されていました。
最後は温度計で適正な温度帯で入荷しているかも確認されていました。
冷凍商品→冷蔵商品→常温商品の順番に仕分け作業を見てまわり、農産加工エリアでは、野菜や果物を1品1品、重量やいたみがないかなどを確認しながら加工していました。
商品検査室では、残留農薬検査や残留放射能検査等を独自で行なっています。
参加者から「ホームページを見ると、『検出されません』『検出されません』となっていますが、実際どうなんですか?」との質問に、
「実際に、ほんとにないです」という安心できる回答も聞けました。
「注文書の数字いい加減に書いてたけど、今度からちゃんと消しゴムで消して書きます!」
「自分が注文しただけで、たくさんの人が関わって届くのを見て、生協って小さい単位と思ってたけど、一大事業で圧倒されました。みんなに見て欲しい!」という感想が参加者からでました。


  • 商品検査室

  • 注文書の読み取り

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー