組合員活動紹介

2015年08月24日

若草食品工場見学 ~こんにゃく作りも体験!~

2015年7月31日 泉・住道合同パル委員会(大東市) 参加19名(うち子ども9名)

泉・住道合同パル委員会の、なりたてホヤホヤのパル委員さんたちと、こんにゃくの若草食品の工場見学に同行させていただきました。夏休み中の子どもたちと一緒に、日頃食べている生協商品の製造工程の説明を聞き、こんにゃく作りを体験しました。
 こんにゃく作りでは、水で30分煮た原料の蒟蒻芋*こんにゃくいも*の匂いをかいでみました。蒟蒻芋の時点では、こんにゃくの匂いとは全然違うことを実感。子どもたちが、手袋をして楽しそうにこんにゃくを丸めている傍らで、お母さん方は、こんにゃくの色や固さには地域性があることや、使い切れなかったこんにゃくの保存方法、あく抜きするかどうかなど質問。「袋に入っている液ごと保存するのがいいのですが、液を捨ててしまってもラップでピッチリ包んでおけば大丈夫ですよ。アク抜きは、しなくても食べられますが炊きものの味がしみやすいのでおいしく食べられるのでおすすめですね」と担当の土本さん。
 お昼には、できたての手作りこんにゃくにお味噌をつけて試食。普通の板こんにゃくとは違ったザクザクした食感でしたが、「温かくておいしい!このお味噌もおいしいので今度買ってみようかな」。食感の違いは、空気を含んでるかいないかの違いです。
 最後は、日頃から疑問に思っていた「ねじり糸こんにゃく」の作り方や、さしみこんにゃくの話など聞いて学習会を終りました。

photo
大きなガラス越しに見える作業場も見学

photo
こんにゃく作りでは大人も子どもも興味津々!
ぐるぐる混ぜたら、さあどうなる...?

photo

photo

photo

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー