組合員活動紹介

2014年12月22日

有田コープファーム みかん収穫体験

2014年11月23日
鶴見南地域活動委員会(大阪市) 参加44名(うち子ども20名)

「とても楽しく、生協のみかんの安全性が良く分かりました」「みかんについていろいろ聞けたので良かったです」と参加者も大満足の収穫体験が行われたのは、和歌山県・有田市。パルコープとは前身生協からお付き合いがある産直産地です。
バスが園地に近づくと、辺りはみかん畑だらけに!奥に見える山の斜面もみかん・みかん…。この日は川口さんの畑に到着。みかんを入れるネットとハサミを受け取り、いよいよ収穫!太陽の日差しがあたるみかんがおいしいと聞き、味も確かめながら収穫を満喫しました。


「陽のあたるところのみかんが甘くておいしいねんて」

「ここのところ毎年計画しているので、『去年来れなかったから楽しみにしている』と言われることも。地域で待たれていると感じます」と、鶴見南の委員さん。
多くの組合員さんに生産者との交流を通じて産地の良さを感じて知ってもらいたいと企画されました。



 

有田コープファーム 山下さん
有田コープファーム 山下さん
昼食時にみかんの歴史や栽培について話を聞きました。
「年中面倒を見なくてはならないみかんは、収穫が終わり冬になれば虫が付かないような処置をし、春先には枝の剪定、5月ごろに花が咲き、5月から8月にかけて消毒。手間を惜しまずやっています」

山下さんより「みかん」のお話
山下さんより「みかん」のお話

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー