組合員活動紹介

2014年10月27日

川口水産工場見学 ~活きたうなぎから蒲焼になるまで~

2014年9月16日
南港地域活動委員会(大阪市) 参加16名(うち子ども1名)

うなぎの稚魚の高騰などにより、工場見学を見合わせていた川口水産。待ちに待った見学が約2年ぶりに再開されました。「うなぎのおいしさや、蒲焼が出来るまでの工程、こだわりを地域の方に広げたい」と、今回訪れたのは、南港地域活動委員会のみなさん。
専務の川口さん・工場長の上西さんご案内のもと、白衣に着替え、いざ工場の中へ!!まずは“活きたうなぎ"とご対面。参加者の中には、初めて活きた姿を見たという方も。
川口水産では、味覚に敏感な職人5人が試食検査を行い、5人全員OKがでて初めて次の工程に移る、蒲焼の工程では3回行われる味付けにすべて違う種類のタレを使うなど…商品作りにおけるこだわりや熱意を学びました。
普段見ることのできない作業を目の当たりにし、行くとこ行くとこ驚きの連続!!


川口専務


目にも止まらぬ速さでさばきます


規格外のうなぎが、こうして刻みに!

昼食には、焼きたてアツアツのうな丼をいただきました。身がやわらかく、香ばしさ抜群☆うなぎがあまり得意でない方も、〝臭みもなくふわふわでおいしかった〟とにっこり♪「人の手で作られている所が多く、たくさんの方の努力を感じました」「清潔な環境で作られていて、安心して食べられると思いました」などの感想がたくさん出されました。


お店の前にて。みんなでパチリ☆

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー