組合員活動紹介

2013年12月05日

お漬物も「旬のものを旬の時期に」
~堺共同漬物(株)見学~

2013年10月24日 大東市・三箇(さんが)パル委員会 20名参加

堺市にある堺共同漬物は、府下の契約農家と協力しながら「なにわの伝統野菜」をお漬物として守り・広めることに力をいれています。生協とは30年以上のお付き合いです。

見学では、近隣の貝塚市などの契約農家の畑を訪れ、収穫体験をしてお話を聞いた後、堺共同漬物の漬物工場へ伺います。

工場では伝統野菜の漬物をはじめとして、全国からの旬の野菜で漬物作りがされています。
瀬田工場長からは、「旬のものを旬の時期に食べて欲しい」と。
今の流行は薄味のサラダ感覚の浅漬けなので塩分も約2%と低く、毎日食べても大丈夫とのこと。
組合員さんからは「どれも丁寧に手作りされていて、原料も大切に育てられた野菜たちで、安心しました」「漬物大好きだから、塩分が意外と低くて、手軽に野菜を摂れることもわかって良かったなど感想がだされていました。
お正月もお漬物で食卓を彩りませんか?

東都島店での餅つきの様子
入荷した“かぶら”は、丁寧に手作業で皮むきや選別が行なわれ、浅漬けにされていました

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー