組合員活動紹介

2011年12月06日

検査してくれてるんや、やっぱり生協やわ

2011年11月17日大阪西地域活動委員会 11名参加(子ども2名含む)

201112_kensa_01.jpg
 「へぇー!」「えー、そうなん! 」が飛び交った、枚方にあるパルコープの商品検査室の見学会。西区からバスで訪れて、物流センター・ながお店への見学・買い物も行いました。

 残留放射能検査では、ゲルマニウム半導体検出器(行政でも最終確認に使うレベル)での検査を見て、「生協は販売者として、行政で検査対象の商品を再検査・確認した上でのお届けをめざします」の話を聞き、納得。

微生物検査では、「保存料を制限して商品供給している生協だからこそ、すぐに身体に危害が起こる微生物の検査に力を入れています」とのこと。

 理化学検査(保存料・発色剤を溶出して確認)と卵の鮮度検査、農産物の残留農薬検査の見学も行いました。

見れて良かった・勉強になった・感動した見学会でした。

参加者の感想

  • 「生協に入って25年です。だんだん生協もスーパーと変わらなくなってきたような気がしていましたが、『検査をきちんとしてくれてるんや、やっぱり生協やわ』と思いました」(川松美代子さん)
  • 「子どもがキュウリや人参を生でかじるのが好きなので、放射能のことが気になっていて見学したいと思っていました。再検査という意味で、行政レベルの正確な機械でダブルの検査が行われているのが分かって安心しました」(岩田美紀さん、光生ちゃん・3歳)
  • 「生協の裏側が見れて、すごさに驚きました。保存状態(温度)で卵も鮮度が変わることを知って、ためになりました」(小林美紀さん、大馳君・1歳)

201112_kensa_02.jpg

放射性物質による問題への取り組みはこちら

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー