生協からのお知らせ

2020年08月10日

【8月4回】新登場!兵庫県・播磨(はりま)で育った"一年かき"お試し

播磨灘産の"1年かき"

通常、牡蠣は出荷までに2~3年はかかりますが、播磨灘(はりまなだ)の牡蠣は、1年というごく短期間で立派に出荷サイズまで成長するため"1年かき"と呼ばれます。
それは、山々からの①ミネラルを豊富に蓄えた河川の水が流れ込むことで水質がいいということと、②徹底した生産数管理が大きな理由。

①良い水質を維持するための取り組み「海域の一斉清浄」

水揚げが終わる4月以降、養殖場と周辺海域の一斉海底清掃をおこない、おいしい牡蠣が育つ環境を維持しています。

②過密養殖を防ぐために「いかだの数を管理」

かきを養殖する「いかだ」の数を管理し過密養殖を防いでいるので、1粒1粒が大きく育ちます。

コクと旨味がありながらもくせがなく食べやすいというのが特徴!
この時期は、大根おろしやねぎをのせてポン酢でどうぞ。ぜひふっくらぷりぷり食感をお楽しみください♪
まずは、表面の氷を流水で洗い流し約3分程度ボイルします。その後、冷水で冷やしてお召し上がりくださいね。

通常企画200gは9月2回でデビュー予定です。

お知らせ一覧に戻る