マシュマロCLUB

マシュマロCLUB

日本の古き良き躾(しつけ)、昔から伝わる智恵を伝承しているやまとしぐさ伝承学師範の辻中公(つじなか くみ)です。

日本では、食事などの、所作法の型(かた)、季節の祭事の型を通して、生き方や、心の育み方を伝え残してきました。
そんな、暮らしの中で古くから伝え残されていきた「型」を、「やまとしぐさ 」と命名し、その型の意味を、皆様にお伝えしています。

さて、今回、ぜひ知っていただきたい「やまとしぐさ」は、「手伝い」についてです。

人類は、手を使うことで発展し、文化文明が今に繋がってきました。

そんな「手」は、どんな時に使うでしょうか。道具を作るとき、道具を扱うとき、食事を口に入れるとき、手を繋ぐとき、手で撫でるとき、手振りで想いを表現するときなどに使います。

「手」のつく言葉には、手塩、手助け、手先、拍手、握手、手伝い、などがあります。

漢字の「手」は、「天」を意味すると言われています。
また、「テ」の音は、繋がる、という意味や、相手があって初めて能力を発揮する、という意味があります。ですから、「手」は、自分のことにも使いますし、誰かのためにも使うものなのです。

世の中のために必要な道具を作ったり、
誰かのために食事を作ったり、
子どもを守るために手を繋いだり、
お腹が痛いのが治りますようにと撫でてもらったり、
家族のために、神社で手を合わせてお祈りをしたりします。
思いが、手をつたって、繋がっていくのです。

そんな、思いを繋げていく暮らしが、「お手伝い」の中にあります。
お手伝いを通じて、家事が伝承されてきました。我が家の味噌汁の味、我が家の卵焼きの味、我が家の洗濯物の畳み方などです。
どんな本にも載っていない「我が家流」です。
「お手伝い」を通じて、思いが繋がっていきます。

私が小学校の頃、洗濯物を干す手伝いをしていた時のことです。父親のシャツをハンガーにかけて、物干し竿に引っ掛けていると、母から叱られたのです。
「干す向きが違う」
「父親のシャツの正面を、南に向けて干しなさい」というのです。
私は、正面を北に向けて干していました。
母曰く、「たとえ洗濯物であっても、太陽に背を向けて干すのではなく、正々堂々と、太陽に向かっていないと父に申し訳ない」と言うのです。
私は幼いながらも、こんなにも家族のことを考えてくれている母に衝撃を受けました。私は、洗濯物を干す向きなんて考えもしなかったのです。
その時のことは今でも洗濯物を干すたびに思い出すほどです。そして、太陽に向かって干すようにしています。

皆さんは、お手伝いにどんな思い出がありますか。お手伝いから伝わる思いが必ずあります。そんな素敵なことを味わってもらうためにも、子どもたちに、「手伝い」をさせてあげてください。

やまとの智恵実践協会
代表理事 辻中公

辻中つじなかくみやまとしぐさ伝承師範

辻中 公

マシュマロCLUB TOPに戻る