マシュマロCLUB

マシュマロCLUB

2020/12/20

子だくさんの整理収納術

掃除と片付けの違い

皆さんは「大掃除」をされますか?
大掃除の前にしなければならないことがあります。それは、「掃除」と「片付け」の区別を理解すること。
この2つをごっちゃにしてしまい、うまく進まない方もいらっしゃいます。

まず、「掃除」ですが、これは「汚れを取り除くこと」です。そして、「片付け」は「不要なものを取り除き、使いやすい場所に定位置を決めること」です。
この時に、どちらを先にするか?ですが、ここは片付け優先でおねがいします。

ものでいっぱいだと、掃除のたびにものの移動をしなくてはならず掃除もなかなか進みません。
片付けの基本、まずはいるものといらないものを分ける事からです。特に、ものを減らすことに集中します。
この時になかなか手放せないという方もいらっしゃいますが、ものが少ないとメリットが沢山あります。
代表的な点では、「手間が省けること」

ものを所有するということはメンテナンスや、捨てる時にもお金や労力がかかる場合もあります。また、いつも精神的負担のある場合もあります。
ですから手放すことでこれらも一緒になくなると思って「本当に必要なもの」を選び抜いて残してください。

①最後に使ったのはいつですか?
②それは本当にお気に入りのものですか?
③それは本当に必要で、なくてはならないものですか?


この3つを一つ一つのものについて考えてみてください。
最初はそれでも捨てられないという事があるかも知れませんが、何度も繰り返すうちに「あれ?これいつも迷って置いてあるけど結局使ってないかも」と気付く時が来ます。
本当に必要なものだけだと驚くほど掃除が楽になるはずです。
私の自宅キッチンのコンロ周りは何も置いていません。ですから使った後はササっと全て水拭きをしておくだけでいつも綺麗です。特に洗剤もつけ置きもややこしい手間は一切なし。そんなふうに「無い便利さ」を感じると片付けはどんどんすすみます。

岩城いわき美穂みほ子だくさん整理収納アドバイザー

岩城 美穂

マシュマロCLUB TOPに戻る