ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」

掲載日:2019年08月26日

場所
大阪府大東市三箇1-2-29
開催日
①毎月第4土曜日 12:00~14:00(学習タイム11:00~12:00)
②毎月第3金曜日 17:30~18:30(学習タイム16:30~17:30 / 予約制)
参加費
子ども:無料 / 大人:300円
  • ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」
  • ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」
  • ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」
一氏 明美さん

一氏 明美さん

わがまちの*子ども食堂訪問記
ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」

 JR住道駅から寝屋川沿いに進んだ住宅街に「こんにちは!ちゃおちゃお」の看板が建つ一軒家。古い民家を機能的に改築してあるのだが、昔ながらの欄間や木戸を残してあるので、まるで実家にいるかのような落ち着く空間になっている。普段は地元の子育て支援センターとして機能し、ふれあい広場や育児・教育相談、親子イベントなどを行なっている。
 子ども食堂は月に2回開催し、ひとつは第4土曜日の昼の部。だれでも参加してよいので、部屋いっぱいの親子が訪れ、スタッフを入れると50人を超える日もあると言う。調理スタッフ以外にも、近くの大学から来る学生ボランティアが、勉強をみたり子どもたちと一緒になって遊んだりと大活躍。学習タイムの後、昼食を食べるとお楽しみ会が待っている。毎回恒例の絵本読み聞かせや、クイズなど最後までにぎやかな雰囲気だった。
 もうひとつは第3金曜日の夜の部。こちらは予約制で少人数。勉強が落ち着いてでき、スタッフも参加者の家庭の様子を見たり、相談に応じることもできる。
 夏休みは昼の部を増やしてイベントも企画されるそうだ。

ちゃおちゃお子ども食堂「ほっこり」

親子で心から話せる仲間を作ろうと

 だいとう子育て支援ネット「ちゃおちゃお」の発足人のひとりでもある、一氏さんにお話をお聞きしました。「『ちゃおちゃお』は『親子で心から話せる仲間を作ろう。子どもと親がイキイキと育ちあえる地域のネットワークを作ろう』と2005年にNPO法人として設立しました。私も含めて、元保育士という仲間も多く、0歳から18歳まで関わることができるスタッフがいます。定時の取り組みとしては、親子で自由に過ごせる「ふれあい広場」と、子ども食堂「ほっこり」でしょうか。これ以外にも、育児相談会・教育相談・親のためのおしゃべり会・子育てイベント(子どもゆめ基金の助成で地域の人や異年齢での子どもの交流する機会を増やせるよう定期的にイベントを開催)などいろんな事をしています。施設が空いている日は、部屋の貸し出しもしているのでお母さんがちょっと寄って話すということもできるんですよ。最近は“ふたごっちの会”というのができて双子の子育ての経験を共有する活動もあるくらいです。
 ここの建物は、古い民家を買い取り、ゆったりできる空間にしようと改装。新しい調理スペースや本棚などを新たに作ってもらいましたが、昔ながらの欄間や木戸なども残したので「何だか実家に帰ってきたみたいで落ちつく」と言ってお母さんたちに不思議に好評なところもあるんですよ。ただ、子ども食堂に必要な調理台やコンロなどは高額で苦労しましたが、企業で支援してくれるところもあり何とかやっています。先日も業務用の冷凍庫を寄付していただき、これで生協さんから冷凍食品がいっぱい届いても保管できるねーなんて言っています。地元の方からもたくさん支援していただいていますが、中には、お菓子をどっさり持ってやってきて名前も名乗らず去っていかれる『月光仮面』のような方いらっしゃるんですよ。「みなさんご苦労さま。子どもたちの幸せを」とメッセージを添えて。子育て支援をしている私たちを支援してくれる気持ちが嬉しいですよね。
 行政との関係でいえば、大東市を通じて助成金をもらえているのでとてもありがたいのですが、ここの様子を見学に来たり、もう少し関わって欲しいな…という思いもあるんですけどね。

“子育て”と“食”は切り離すことはできない

 子ども食堂は2016年11月にスタートしました。最初は土曜日の昼間開催だけだったのですが翌年から夜の子ども食堂も開いています。こちらはじっくり学習支援ができるように少人数にしています。どちらも、近くにある産業大学のボランティアサークルの学生さんが来てくれています。勉強をみてくれるのはもちろん、子どもたちと一緒になって遊んだり絵本の読み聞かせなどいろいろ企画してくれるんです。学生さんも子どもと触れ合える機会があまりないので良い経験になっているようですよ。
 “子育て”と“食”は切り離すことはできません。特に小さいお子さんの子育てにはとても大事な事ですよね。ここのメニューは和食が多いかな。調理メンバーがベテラン中心なので…。煮物など若いお母さんが作らないような料理はここならではということで。大人も子どもも、みんなでご飯を食べながら『ほっこり』する空間になれればなぁと思っています。
 もともと、子育て支援をしようという思いを持った人が集まってできた『ちゃおちゃお』ですが、今は地域でどんどん繋がって、みんなで一緒にやっていると感じますね。参加者だった子どもが、今度はお母さんになって戻って来てくる人も。ここに来たら何でも話せるという信頼関係ができ上がっているんでしょうね。これからも地域の居場所として活動を続けていけたら…と思います。

こども食堂応援募金