生協のはじまり

はじめて生協が誕生したのが、約160年前のイギリスのロッチデールという織物の町でした。その当時、イギリスは産業革命のなかにあり、労働者たちは低賃金・失業・高い物価に悩まされていました。その上、悪徳業者に商品の量目をごまかされたり、粗悪品を売りつけられるなど、安心した生活を送ることが大変困難になっていました。

そこで、ロッチデールの労働者28人が出資金を積み立てし、自分たちの店を作りました。役割を決め、それぞれが運営にも携わり、店の商品を利用しました。
このようにはじまったロッチデール組合は、出資・運営・利用する人が完全に一致する形で、現在の生協の基礎となりました。

現在、世界に広がった生協は「豊かにくらす」ことを理念とし、商品活動・文化活動・平和を求める活動などを通し、組合員どうしがふれあい、助けあい、学びあっています。

おおさかパルコープについて

おおさかパルコープでは、1975年の設立以来、組合員さん一人ひとりの声を大切に「安全でよりよい物をより安く」の願いを実現してきました。

また食品関連以外にも共済・福祉・旅行など、組合員さんのくらしがより豊かになるようさまざまな事業を展開しています。
ボランティア活動や平和・環境問題にもとりくみ、地域に根付いたおおさかパルコープをめざしていきます。

はじめましてパルコープです
生活協同組合 おおさかパルコープについて
事業概要
定款
総代会報告
理事会声明
理事会声明
  • 事業所一覧
  • 環境への取り組み
  • 採用情報

活動エリアマップ

被災地支援のとりくみ ビデオ動画で見る支援活動
ぱるタイム

パルコープイメージソング 未来のいのちに

1991年、おおさかパルコープ発足を記念して、イメージソングを募集したところ、233作品が寄せられました。
紙ふうせんの後藤悦治郎さんら20人の選考委員によって、未来にむけた飛躍のメッセージがあり、人類愛、自然へのやさしさの伝わる「未来のいのちに」-枚方市の組合員、本多真美さんの作品が選ばれました。

イメージソングを聴く

  • 曲 コーラス入り
  • カラオケ
  • カラオケ メインメロディ入り

楽譜

楽譜をダウンロードする

スマートフォンサイトを表示