生協からのお知らせ

2019年04月01日

【4月3回おすすめ】年に一度の特別価格!おいしい季節がやってきた「国内産活けあさり」

春のあさりはよく太っておいしいよ

あさりの旬は2~4月。春の産卵を控えたあさりは、身がふっくら肥えて美味しいです。だから潮干狩りのピークも3月なんですね。
(あさりは秋にも産卵をするため、9~10月も旬と言えます。)

あさりをおいしくいただくためには、砂抜きが基本。

「六花社」さんのあさりは、ご家庭の負担を少しでも軽減しようと、新鮮に維持された水質のもと、砂抜き&体内浄化をしっかりして、良質なあさりに仕上がっています。

それでも念のため砂抜きはして、旬の食材をおいしくいただきましょう!

砂抜きのポイント

砂抜きする時間がない!という時は...
時短でできるあさりの塩抜き方法は、50℃のお湯を使うこと(塩はいりません)。
そうすると、たった5~10分で砂抜きができちゃいます。
ですが、おいしさを追求したい方はやはり時間をかけて行う基本の塩抜きをおすすめします。

おすすめレシピ

お知らせ一覧に戻る