生協からのお知らせ

2018年01月29日

【大阪府からのおしらせ】生活排水対策推進月間

洗剤 お風呂 洗い物 ちょっとの工夫で きれいな川に

川などの水の汚れの原因の約8割がトイレや台所、お風呂、洗濯など日常生活から出る「生活排水」です。
この生活排水の影響は、河川流量が減少する冬期に大きくなります。
大阪府では2月を「生活排水対策推進月間」とし、ご家庭からの生活排水をできるだけ汚さずに流すための工夫を呼びかけています。

みなさんに心がけてほしいこと!!
◆食器や鍋の汚れは、紙などで拭き取ったり、ヘラでかき取ってから洗いましょう。
◆味噌汁、スープ、飲み物などは必要な分だけつくり、残り物を流さないようにしましょう。
◆油は使い切る工夫をし、捨てる場合は、流しに流さずに新聞紙に吸い込ませたり、固形化するなどしましょう。
◆石けん、洗剤、シャンプーなどは適量を使いましょう!


下水道や合併浄化槽等を利用していても、これらの取組は、処理施設への負担を減らすためにも有効です。

大阪府環境農林水産部 環境管理室 TEL 06-6210-9585

大阪府生活排水対策に関するホームページはこちら

お知らせ一覧に戻る

スマートフォンサイトを表示