活動紹介

2018年01月29日

食べましょう!!おせち料理

11月24日 交野南地域活動委員会(交野市) 交野組合員集会室 参加29名(うち子ども2名)

 幅広い年代の方におせち料理を知ってもらい、家庭でもおせち料理を食べる習慣をもってもらうために今回、「和風おせちセット」製造のカモ井デリカ・小倉さんにお越しいただきました。カモ井さんのおせちは組合員さんのアンケートにより、組合員さんの好みに合うように改善を重ねているそうです。
 「無添加で日持ちする訳ってなぜ?」。答えは「袋の中に下味をつけた具材を入れて、調味液を入れ、空気を抜き、不活性ガス(窒素ガス)を充填したあと、密閉し調理と加熱殺菌を同時にすること」で日持ちがするそうです。
 袋物のおせち商品は、箱詰めおせちの補充にも役立つんですね。単品ごとに賞味期限を表記しているので、一度に食べなくても大丈夫(残り物は夕食の一品にも!)。
 おせちの何故・何?をお聞きし、お重への詰め方を学習したあと、実際にみんなで詰めました。ポイントは御重箱の正面を決めて、奥から順に詰めればいいそうです。少しポイントを知れば立派で見栄えのいいものが完成です。
 お正月気分になったところで、おせちの試食をし、気分もお腹の中も大満足でした。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー