活動紹介

2017年12月18日

くらしネット福祉 主催 「ガイドヘルプ(手引き)学習・講習会」

11月13日・20日 京橋事務所(本部) 参加のべ27名

目の不自由な人に 気軽に声かけできる一歩として

 「ガイドヘルプ(手引き)」とは、視覚障がい者に付き添って、歩行介助・誘導する方法です。
 くらしネット福祉では年に1回講習会を開き、目の不自由な人に気軽に「何かお手伝いしましょうか」と声かけができることを目指しています。
 第1回目にガイドヘルプ(手引き)の考え方や基本の動作などを学び、第2回目に実際に公園に出ての歩行訓練や段差の手引きの仕方、事務所の階段の上り下りや椅子の着席手引きも行われました。
 駅のホームから転落し死亡した事故もよく耳にします。「駅で一人白杖(はくじょう)をついている方がいたらぜひ、お声をかけてほしいです」と講師の堀内さんが話されていました。

参加者の感想
●自分がアイマスクを着けて手引きしてもらったら不安で一杯...。手引き者の腕から伝わる動作と声かけは大事ですね。全部とても勉強になりました。
●安心安全が第一ということがよく解かり大事だと強く思いました。

活動紹介TOPに戻る

カテゴリー


月別バックナンバー