くらしのたすけあいの会 活動紹介

生協組合員がお互いに家事を援助しあう中で、くらしを支えあう互助組織「くらしのたすけあいの会」。
その具体的な活動や、利用会員の声をご紹介します。

保育園お迎え

第2子(双子ちゃん)出産のため入院~産後しばらくの間、上の子のお迎えを依頼されている活動会員の山本さんの活動の様子を伺ってきました。
保育園が終わる時間に合わせて、ぜんと君(5歳)がいる園内へ向かいます。
ぜんと君の手を引いて出てきた山本さん。今日1日あった事を聞きながら帰ります。
ぜんと君はまだまだ元気が有り余っている様子。
「自分の孫はもう大きいので、これぐらい小さかった時のことを思い出しますね~。いつも楽しいですよ」と山本さん。

------- 利用会員の畑守さんにお話を伺いました -------
「山本さんとは同じマンションで、たすけあいの会のことは山本さんから聞いて知りました。
市が行う“ファミリーサポート”でも送迎のサービスはあるのですが、
(スタッフの)数が足りてないとかでお願いできないこともあるので、すごく助かっています」

庭の剪定など

------- 活動会員 西田さんにお話を伺いました -------
大阪市内の住宅街で、お花作りやお野菜を楽しみながら作っている方のお手伝いを週1回交代でさせていただいています。
土の作業は腰痛など大変ですが、作物が実ったときや美しい花が咲いたときは、心と体の元気の素になっています。
利用会員の日野さんには、ハーブの使い方など教えていただくんですよ。


------- 利用会員 日野さんにお話を伺いました -------
土作りから、植え付ける・肥料をやるなど作業をお願いしています。
自分が高齢なので重たい物を運ぶなど、とても助かっています。土に触れていると気持ちがよく成長を楽しんでいます。

困ったときはまずお電話ください おおさかパルコープ福祉事業部 0120-294-044

スマートフォンサイトを表示